うつ病の人への接し方とは?

うつ病の人へ「頑張って」と言う言葉は掛けてはいけない、と耳にした事はありませんか。
自分は励ましているつもりでも、うつ病の人にとってはその言葉が逆にプレッシャーとなり、余計にその人を追い込む結果となるのです。
そんな風に捉えられてしまったら、他にどんな言葉を掛けてあげればいいのか迷ってしまいますよね。
それでは、うつ病の人に対してどうやって接していけば良いのでしょうか。
まず、聞き上手になってあげて下さい。
うつ病の人の話をよく聞いてあげて、気持ちに共感してあげましょう。
その際、内容がおかしかったり、間違っていたりしても、とりあえず最後まで話を聞いてあげる事が大切です。
また、うつ病の人は、発症するまでに自分ひとりで頑張ってきたはずです。
その頑張ってきた事を十分に認めてあげましょう。
そして、このような状態になってしまった事は、決して自分の責任じゃなくて病気のせいだと言う事を伝えてあげて下さい。
うつ病の人の性格が変わってしまったとしても、それは病気だからです。
うつ病が治れば症状も消えていきますので、誤解しないように接していきましょう。
うつ病の人に大切なのが、休養です。
うつ病は、急に良くなるような病気ではなく、ゆっくり、ゆっくり治っていくものです。
決して焦らないように休養をとる事を勧め、周りもうつ病の人の感情に振り回されない事が大切です。
完治には長い時間が掛かる事をよく理解し、忍耐強くうつ病の人の感情に寄り添ってあげる事を心掛けて下さい。

関連ページ

家族のうつ病について
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
お年寄りのうつ病が増えている?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
子供もうつ病になる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
旦那がうつになった時の対処法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
産後のうつ病とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病のチェックについて
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と自殺の関係性とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になると障害者認定が受けられる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と性障害の関係
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と不眠症
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になりやすい性格って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。