家族のうつ病について

家族のうつ病について知りたい人には、細川 貂々(ほそかわ てんてん)さんの「ツレがうつになりまして。
」という漫画をおすすめします。
シンプルな線のかわいい絵で、ユーモラスに描かれているので読みやすいのですが、うつ病の実態がかなりわかる本です。
仕事のストレスでうつ病にかかり、ある日突然、真顔で、「死にたい。
」といいだした夫に、どちらかといえば、夫より後ろ向きでグチっぽかった妻・貂々さんは驚きます。
明るく冗談まじりに描かれてはいますが、二人がうつと闘う様子が赤裸々にリアルに伝わってきて、精神科医にも評価されている一冊です。
「いつ直るかわからない不安」、「好転したと思ったら突然、元に戻る」、うつという病気について、かなり理解が深まるでしょう。
貂々さんの接し方もかなり参考になります(我慢できなくなって、キレたりもしますが)。
続編の「その後のツレがうつになりまして。
」では、かなりうつ病が回復していますが、それでも以前とは違っていて、時折、症状が出てしまう様子が描かれているので、うつ病というのは完治が難しい病気なのだと思い知らされます。
夫の側の立場から書かれたエッセイ「こんなツレでゴメンナサイ。
」を読めば、うつ病当事者の心境などもわかるはずです。
うつ病の人が読んでも、とても共感できて、こんなに回復できるんだという励みになるでしょう。
「ツレがうつになりまして。
」は、藤原紀香さん主演のNHK金曜ドラマにもなっていて、飛行機の中でドラマの台本を読んだ藤原紀香さんが号泣したことでも知られています。

関連ページ

うつ病の人への接し方とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
お年寄りのうつ病が増えている?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
子供もうつ病になる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
旦那がうつになった時の対処法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
産後のうつ病とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病のチェックについて
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と自殺の関係性とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になると障害者認定が受けられる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と性障害の関係
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と不眠症
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になりやすい性格って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。