うつ病のチェックについて

うつ病は、進行がすすむと治療にも時間がかかる病気です。
もしかして、自分や家族がうつ病かもしれないと思ったら、すぐに確認してみることをおすすめします。
自覚症状があり、早期発見ができればその分治るのも早いですよ。
実は、病院に行かなくても、自宅でチェックできる方法があります。
インターネットで「うつ病」「チェック」などのキーワードを入れて検索してみてください。
クリニックのHPなど、簡単にうつ病チェックをできるサイトがいくつもヒットするでしょう。
内容は、
・なんとなく、不安でイライラすることがよくある
・いつもより早く目が覚める
・夕方になると気持ちが楽になる
・食欲が落ちている
・ささいなことで自分をせめるようになった
などの質問に、三択で答えたり、YESの場合だけチェックを入れ
その数を合計して診断したりという簡単な形が多いです。

 

サイトによってもチェックの内容は違います。
いくつかのサイトでチェックをしてみてもよいかもしれません。
診断チェックの結果が「専門家に診てもらった方がよい」と出なくても、少しでも気になった方は、病院で診察してもらうことをおすすめします。
うつ病チェックサイトで病院紹介をしているところもあるので参考になるかもしれません。
早めのチェック、早めの治療がうつ病の最善の対策です。
自分でなく、周りの親しい人が悩んでいるような場合もチェックをすすめてみてください。

関連ページ

家族のうつ病について
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の人への接し方とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
お年寄りのうつ病が増えている?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
子供もうつ病になる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
旦那がうつになった時の対処法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
産後のうつ病とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と自殺の関係性とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になると障害者認定が受けられる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と性障害の関係
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と不眠症
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になりやすい性格って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。