うつ病になると障害者認定が受けられる?

うつ病にも様々な症状があり、比較的軽度のものから、ほとんど家の中に引き篭もった状態で外にも出られない症状のものまであります。
一般的な病気としての認識は高まっているようですが、うつ病になると障害者認定は受けられるのでしょうか。
まず、結論から言うと、障害者認定は受けられます。
その症状の重さに応じて、1〜3級に分かれていて、級によって優遇される条件も異なっています。
ただし、医師の診断や様々な制約事がありますので、そう簡単には認定されないと思っておいた方が良いでしょう。
個人で、認定されるかどうかの判断は出来るものではありません。
もし、重度のうつ病であり、障害者の認定を受けたければ、まずは医師やカウンセラーにきちんと判断してもらう事から始めましょう。
障害者の認定を受けるには、それ相応の症状の場合に限られてきます。
主治医とよく相談し、自分が今どのような状態であるのか、また、どのような診断書を書いてもらえるのかを教えて貰いましょう。
手続き上の事は、病院のケースワーカーや市役所の福祉課などに相談すると、適切なアドバイスが貰えるはずですし、どのような書類が必要かも教えてくれるはずです。
最近では、うつ病の他にも、心の病気により障害者の認定を受けている方も増えてきているようです。
もし、どうしても回復の兆しが見えず、この状態で社会生活を送っていくのに不安を感じているようであれば、障害者認定を受ける事を視野に入れてみてもいいのではないでしょうか。

関連ページ

家族のうつ病について
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の人への接し方とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
お年寄りのうつ病が増えている?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
子供もうつ病になる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
旦那がうつになった時の対処法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
産後のうつ病とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病のチェックについて
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と自殺の関係性とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と性障害の関係
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と不眠症
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になりやすい性格って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。