うつ病になりやすい性格って?

うつ病にかかりやすい性格というのはあるのでしょうか?
よく言われているのが、「真面目」「責任感が強い」「仕事熱心」「妥協をしない」「頑張り屋さん」「几帳面」などです。
このような人は、周囲からとても信頼されます。
そして、その期待に応えようと、努力してしまいがちです。
しかしながら、その反面、気を使いすぎたり、頑張りすぎたりして、ストレスを溜め込んでしまいます。
また、何があっても他人のせいにすることなく、自分で責任を抱え込んでしまうことも多いです。
こういう人がうつ病にかかってしまうと、出来ない自分に嫌悪感が増し、さらに自分を追い込んでしまう可能性があります。
その他にも、いつもマイナス思考で物事を考える人はうつ病になりやすいです。
それに、自己中心的な性格の人も、対人関係でトラブルを抱え込み、うつ病になっていく傾向があるようです。
うつ病には、規則正しい生活と睡眠も大きく関与しています。
うつ病になりやすい性格に、不規則な生活や睡眠不足などが加わると、余計にうつ病になる危険性が高まるでしょう。
うつ病にかかりやすい性格に自分が当てはまるかもと思う人は、ストレスを発散する方法や上手に気持ちを切り替える方法を身につけるといいかもしれません。
うつ病を疑うような症状を感じたら、早めに治療を受けることも大切です。
先延ばしにすると、それだけうつ病が悪化してしまいます。
本人が気づかなくても、周囲が異変に気づくこともあります。
身近な人に勧められたら、素直に病院に行った方がいいですね。

関連ページ

家族のうつ病について
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の人への接し方とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
お年寄りのうつ病が増えている?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
子供もうつ病になる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
旦那がうつになった時の対処法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
産後のうつ病とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病のチェックについて
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と自殺の関係性とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になると障害者認定が受けられる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と性障害の関係
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と不眠症
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。