産後のうつ病とは?

産後うつ病とは、産後のお母さんがうつ病になってしまうことです。
マタニティブルーとは全く違います。
マタニティブルーは、長くても10日ほどで症状がなくなるのに対し、産後うつ病は放置すると長期化、深刻化するのです。
産後うつ病になる原因は、ホルモンバランスや環境の変化、赤ちゃんの異常、ストレスなどにあるといわれています。
産後三ヶ月くらいで発症することが多く、過去にうつ病や産後うつ病にかかった人は、出産をきっかけに再発することもあります。
赤ちゃんの性格の違いや夫の育児への貢献度にもよるので、一人目の時には産後うつ病にかからなかったから、二人目も大丈夫というわけではありません。
産後うつ病が深刻化すると、幼児虐待にも繋がります。
赤ちゃんと心中したり、虐待死させてしまう母親のほとんどは産後うつ病の可能性があります。
産後うつ病の症状としては、通常のうつ病にみられる落ち込み、不安、不眠、食欲不振、自己否定などの症状の他に、急に夫への愛情を感じられなくなった、育児に自信がもてない、育児をする気力がおきない、子供がかわいいと思えないなどがあげられます。
産後うつ病は、病院での診察を受け、薬を飲んだり、カウンセリングを受けることで症状が改善する病気です。
薬を飲んでいる間は、赤ちゃんに母乳をあげることができなくなりますが、お母さんが不安定な気持ちでいると赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうので、産後うつ病の治療を優先してください。
一人で悩まず、早めに病院に行くことをおすすめします。

関連ページ

家族のうつ病について
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の人への接し方とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
お年寄りのうつ病が増えている?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
子供もうつ病になる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
旦那がうつになった時の対処法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病のチェックについて
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と自殺の関係性とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になると障害者認定が受けられる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と性障害の関係
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と不眠症
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病になりやすい性格って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。