うつ病に効果のある薬とは?

現在のうつ病の治療は、薬物治療が基本となっていますが、うつ病に効果のある薬には一体どういったものがあるのでしょう。
うつ病の薬には、開発された年代順やその化学構造や作用によって、
・三環系
・四環系
・SSRI
・SNRI
・NaSSA
以上、5つのグループに分類されます。
最初にうつ病の薬として開発されたものが、三環系抗うつ薬と呼ばれているものです。
これは、効き目は強いのですが、副作用も同じように強いと言うデメリットがありました。
次に、この副作用を軽くする為に開発されたものが四環系抗うつ薬です。
そして、SSRI、SNRIが開発され、一番新しく開発された抗うつ薬がNaSSAです。
NaSSAでは、SSRI、SNRIとは全く異なる新しい方法で脳内に作用する為、SSRIやSNRIが効かなかった人も試してみると良いでしょう。
うつ病の薬は、新しく開発されたものほど、治療効果が高く、副作用が少なくなります。
また、うつ病の薬を服用する上で注意して欲しいのが、薬に即効性は無いと言う事です。
服用してから十分な効果が現れるまでに、個人差はありますが1ヶ月以上は掛かると言う事を覚えておいて下さい。

また、うつ病が良くなったからと言って、すぐに服用を中止してしまうと、約半数の方は再びうつ病を発症してしまうと言われています。
それ程、うつ病は再発しやすい病気なのです。
うつ病が良くなったと思っても、それから半年程度は服用を続ける事をお勧めします。

関連ページ

うつ病とサプリメント
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病におすすめのサプリメント
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の治療とサプリメント
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の薬の副作用って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病は漢方で治療できる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。