うつ病の薬の副作用って?

うつ病の薬を飲んでみようか・・・でも、副作用が・・・と心配な方もいることでしょう。
それでは、一般的に言われている副作用とはどういったものでしょうか?
新しい薬は従来の薬に比べると、副作用が随分軽減されていますが、これも個人差があるでしょう。
一般的に三環系抗うつ薬(第一世代)の副作用としては、口の渇き、めまい、たちくらみ、頭痛、眠気、倦怠感、ふらつき感、排尿障害などがあげられます。
第二世代の三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬は、それよりも副作用が軽減されているようです。
パキシルやルボックスに代表される第3世代SSRIになると、さらに副作用は少なくなりますが、嘔吐感や胃もたれ感、胸焼けなどの副作用が起こる人もいるでしょう。
第4世代のSNRI(トレドミンなど)でも人によっては、不眠や吐き気などの副作用が起きることもあります。
うつ病の薬の服用は、依存や離脱症状なども心配になると思います。
特に、パキシルなどの薬はいきなり服用を中止するのは危険です。
めまいやふらつき、吐き気や嘔吐、不眠などの症状が出てしまうこともあります。
同じSSRIの中でもジェイゾロフト(塩酸セルトラリン)は、副作用も軽く、離脱症状も軽い傾向になるようです。
しかし、比較的副作用が少ないと言われている薬であっても、必ずしも副作用がでないとは限りません。
副作用の程度には個人差がありますから、医師と相談して自分に合った薬を使用するのがいいでしょう。

関連ページ

うつ病とサプリメント
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病におすすめのサプリメント
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の治療とサプリメント
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病に効果のある薬とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病は漢方で治療できる?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。