うつ病に効く薬・サプリ・漢方記事一覧

サプリメントでうつ病改善を行う人がいます。何かとストレスの多い日本社会において、近年はうつ病に悩んでいる人が年々増加しています。病院に通院せずとも、サプリメントでうつ病を改善することは果たして可能なのでしょうか。心療内科でうつ病を診察してもらい、適切な薬をもらうことによってうつ病の症状を改善するというやり方が基本です。薬を正しく飲むことで徐々にうつの症状を緩和していき、うつ病を克服していくのです。...

うつに対して効果があるサプリメントとは、一体何でしょう。精神科の医師にうつ病と診断された場合、処方された薬を全く飲まずに、サプリメントだけで治すのはまず難しいと言っていいでしょう。サプリメントは薬の補助として使い、うつの治療自体は病院からもらう薬で行うというなら、それは適切な方法でしょう。薬の持つうつ改善効果を高めるために、サプリメントの利用を考えてみるのも有効です。サプリメントでもよく使われてい...

サプリメントをうつの改善に使う事例はあるでしょうか。サプリメントでアミノ酸を摂取できるといっても、抗うつ剤として使えるものではありません。抗うつ剤がよりよく働くようにサポートするものです。カテゴリ上では、サプリメントは食品になります。うつに対して効能があると見なされてはいないのです。治療方法を自分で決めず、病院に行くことがうつの治療に必須です。その上で薬を処方してもらい、治療に取り組んでください。...

現在のうつ病の治療は、薬物治療が基本となっていますが、うつ病に効果のある薬には一体どういったものがあるのでしょう。うつ病の薬には、開発された年代順やその化学構造や作用によって、・三環系・四環系・SSRI・SNRI・NaSSA以上、5つのグループに分類されます。最初にうつ病の薬として開発されたものが、三環系抗うつ薬と呼ばれているものです。これは、効き目は強いのですが、副作用も同じように強いと言うデメ...

うつ病の薬を飲んでみようか・・・でも、副作用が・・・と心配な方もいることでしょう。それでは、一般的に言われている副作用とはどういったものでしょうか?新しい薬は従来の薬に比べると、副作用が随分軽減されていますが、これも個人差があるでしょう。一般的に三環系抗うつ薬(第一世代)の副作用としては、口の渇き、めまい、たちくらみ、頭痛、眠気、倦怠感、ふらつき感、排尿障害などがあげられます。第二世代の三環系抗う...

元々、漢方では、心と体は一つのシステムであって、どちらか一つが不調を起こすと、もう一方も不調を起こしてしまうと考えられています。うつ病は心の部分に不調をきたしている状態であり、それに伴って体にまで不調をきたしてしまっているので、漢方でうつ病を治療していくのはとても適しているのです。しかし、漢方だけで100%改善される訳ではないため、あくまでもサプリメント的な役割として、通院治療や薬物治療を行ってい...