仮面うつ病とは

仮面うつ病とは、隠れうつとも呼ばれるうつ病の一種です。
仮面うつ病はうつ病にみられるような精神的症状が出ないことがほとんどで、代わりに身体的症状が出ます。
仮面うつ病という名前から、「うつ病のふりをしている」という印象を受けてしまう恐れがありますが、れっきとした病気なのです。
仮面うつ病の具体的な症状としては、
・睡眠障害→寝つきが悪く、すぐ目が覚める。
熟睡感がない。
早朝に目が覚めて眠れなくなるなど
・倦怠感や疲労感→休養しても抜けない疲労感や倦怠感が続く。
朝起きるのがつらい。
うつ病と同じように午前中は症状がひどく、午後になると症状が軽くなることが多い
・自律神経失調症のような症状→めまい、体のほてり、頭痛、頻尿、動悸、冷や汗など
・食欲や性欲の減退→何を食べてもおいしくないので、食欲がわかない(逆に、過食になることも)。
男性の場合、酷い時にはインポテンツになることもあり、女性の場合は、月経異常が起こることもある
などです。
人によっても、症状は違います。
仮面うつ病は、うつ病だと気がつかないことも多く、他の病気と間違われやすい病気です。

仮面うつ病の治療法としては、「完全休養」と「薬物療法」の併用が最も効果的だといわれています。
医師に処方された薬は必ず飲み(副作用が出たら他の薬に変えてもらえる)、なるべくなら、仕事や学校などを長期的に休む方が結果的には早くよくなることが多いでしょう。
仮面うつ病の治療と併行して、苦痛を伴う身体的症状の治療を行うこともあります。

関連ページ

うつ病の原因とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の種類とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の症状とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と精神病との違いとは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
躁うつ病ってどんな病気?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。