うつ病の原因とは?

現在では、5人のうち1人はかかると言われているうつ病は、「心の風邪」とも言われていますが、一体うつ病の原因とは何なのでしょうか。
うつ病の原因は、仕事でストレスを感じたり、近親者の死別や離婚、トラウマとなってしまうような出来事を体験することにより、心を自分でコントロールすることが出来なくなることにあると考えられています。
自分の心のコントロールが上手く出来なくなると、脳神経細胞内の伝達物質の役割をしているアドレナリンやセロトニンの働きが鈍くなってしまい、うつ病が発生すると言われているのです。
ストレスを感じるような出来事は、日々誰にだって起こりうることで、そこでストレスを感じたとしても、何日か経てば本来は回復していることが多いですよね。
しかし、うつ病は数日経過しても気分が落ち込んでいたり、時には食欲が無くなったり、思うように睡眠がとれなくなったりもしてしまうのです。
仕事でミスをおかしてしまったり、家族や友人との関係に悩んだり、恋人との関係が上手くいかなかったりと、ストレスを感じるような要因は様々ありますよね。
その人の生活習慣や体質的な問題も、原因の1つにあげられるでしょう。
うつ病にかかりやすいと言われている性格を見てみると、几帳面であったり、責任感の強い人であったり、真面目過ぎるが故に、どんな事でも上手く手を抜くことが出来ない人であったり。
他にも、頑固な人もうつ病にかかりやすいと言われています。
このような性格を持っていたり、気分が落ち込んでいる日が何日も続くようであれば要注意です。

関連ページ

うつ病の種類とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の症状とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と精神病との違いとは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
躁うつ病ってどんな病気?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
仮面うつ病とは
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。