うつ病の症状とは?

最近、よく「うつ病」と言った言葉を耳にしますが、実際にうつ病とはどんな症状の事を言うのでしょう。
まず、うつ病の症状は、精神的な症状と身体的な症状とに分けられます。
精神的な症状としては、
・ゆううつな気分
・興味や喜びの喪失
・おっくう感
・不安感
・死への思い
等が挙げられます。
ゆううつな気分とは、普段感じているような一過性のものではなく、2週間以上ゆううつな気分が続いている状態を指します。
興味や喜びの喪失とは、物事に対する興味や関心が無くなってしまい、喜びの感情も湧いてこない状態です。
おっくう感とは、何をやるにしても面倒と感じて、何も出来なくなってしまう状態のことになります。
不安感とは、理由の無い漠然とした不安を常に抱いているような状態です。
死への思いとは、理由もなく、死んでしまいたくなる自殺願望がある状態をいいます。

 

次に身体的な症状としては、
・食欲、睡眠障害
・体調の変化
等が挙げられます。
食欲、睡眠障害とは、食欲が低下、または、反対に過食になったり、夜眠れなくなったりする状態のことです。
体調の変化とは、めまいや体のだるさ、肩コリなどの症状がなかなか取れない状態になります。
軽症のうつ病の場合には、たとえ本人でも自覚していないケースがあります。
うつ病は、早期発見、早期治療をする事が、深刻な状態に陥らない為にも重要な事です。
上記のようなうつ症のシグナルを感じたら、早目に専門医を受診してみて下さい。

関連ページ

うつ病の原因とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の種類とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と精神病との違いとは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
躁うつ病ってどんな病気?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
仮面うつ病とは
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。