うつ病の種類とは?

日本人がうつ病になる確率は5〜8%だと言われていて、今日ではとても身近な病気だと言えます。
そんなうつ病ですが、実はいくつかの種類に分類されている事を御存知でしたか?それでは、うつ病の種類には一体どういったものがあるのでしょう。
まず、うつ病は「原因による分類」と「症状による分類」に分けられています。
原因による分類は次の3つに分けられていて、その中でも症状によってさらに細分化されています。

 

・内因性うつ病
体質や遺伝など、はっきりとした原因が判らない内部的なもの。
双極性(二相性)うつ病、単極性(単相性)うつ病、退行性(遅発性)うつ病
・心因性うつ病
大きなストレスなど、心理的な要因のもの。
神経症性うつ病、疲弊性うつ病、反応性うつ病。

 

・身体因性うつ病
病気など身体的な事が基礎にあり、二次的に発症するもの。
器質性うつ病、症状性うつ病、その他、薬剤を原因とする「うつ病」に分けられています。

 

一方、症状による分類は、最近になって重視されるようになった分類方法で、うつ病の症状の程度によって、重症と軽症に分ける事が出来ます。

 

うつの程度と症状の継続時間などによって、
・比較的軽症で慢性化したうつ病
・重症のうつ病
に分けられています。

 

うつ病の原因は、複数の要因が重なり合う事で発症するケースが多いので、原因を特定する事は困難な場合があります。
その際に、このような症状と程度によってうつ病を分類する方法が、現実的であると言われています。

関連ページ

うつ病の原因とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の症状とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と精神病との違いとは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
躁うつ病ってどんな病気?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
仮面うつ病とは
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。