躁うつ病ってどんな病気?

躁うつ病とは、一定期間ごとに躁状態とうつ状態を繰り返す症状の病気です。
躁状態とは、異様に気分が高揚した状態が長時間・長期間継続することをいいます。
躁うつ病でなくても何らかの環境変化や状況によって躁状態になる事は珍しくありませんが、一般的にはその状態は長く継続するものではありません。
例えば、長い努力の結果を発表するチャンスが訪れたり、何らかの大成功を収めたり、深い感動を受けたり、大きな喜びに包まれたときに興奮状態となり、その興奮状態がしばらく続いて高揚感を感じた事がある人は少なくないでしょう。
ですが、せいぜいその高揚感は一日程度で終わります。
大抵の場合は、一晩寝たら普通の精神状態に戻ります。
しかし、躁状態に陥った人は、目が覚めても同じような精神的高揚状態が続き、起きた瞬間からテンションが高く、それが一日中続きます。
そしてそれは、翌日も、そのまた翌日も、そのまたさらに翌日も継続し、数週間とか数ヶ月の単位で躁状態が続いてしまうのです。
そのため、行動範囲も広く活発になり、驚くほど元気に毎日動きまわります。
本来ならある程度のところで疲れを感じて気分が落ち着いてきたり、休んだりするところですが、躁状態に陥っている人の場合は、ある日突然、一気に疲れが出てガクッとうつ状態に転換するまでは、ずっと興奮状態が続くのです。
躁状態の間、どんなにエネルギッシュに活動していたとしても、肉体的には疲れが出て休まなければならない状態になっています。
ですから、完全にエネルギーが切れた瞬間に、一気に今度はその分もさらに酷いどん底のうつ状態に陥ってしまいます。

関連ページ

うつ病の原因とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の種類とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の症状とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病と精神病との違いとは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
仮面うつ病とは
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。