うつ病解消の行動療法って?

うつ病の行動療法とは一体どういうことをするのでしょうか?
うつ病にかかると、生活習慣が乱れてしまうことが多いです。
そのためにさらに精神状態が悪化し、悪循環を繰り返してしまいます。
一度に規則正しい生活に戻すのは負担になりますから、少しずつ、簡単な計画を立てて、実行していくようにします。
それを実践することで、達成感が得られます。
達成感が得られることで、自信に繋がっていきます。
自信を取り戻すことは、うつ病を克服する上で、とても大切なことです。
例えば、「明日は朝7時に起きるようにする」「22時に布団に入る」「テーブルの上を片付ける」「本を10ページ読む」などの簡単な目標から設定しましょう。
そして、それが出来て自信が持てたら、次はワンランク上の計画を立ててみます。
まずは、無理をしなくても続けられることを少しずつ行っていくのが大切です。
うつ病を患うと、自分ではやらなければと思うのに、行動することが出来ません。
そうして自信を失っていくことが、うつ病を悪化させていく原因になってしまいます。
端から見たら簡単な目標であっても、うつ病の人がそれを成し遂げることは大変なことなのです。
簡単な目標でも、コツコツと続けていくうちに、ちょっとずつ規則正しい生活に修正していくことができます。
最終的には、仕事や学業、家事などに復帰できるようになるでしょう。
これが行動療法というものです。

時には、薬物療法や認知療法などと併用することもあります。

関連ページ

うつ病の治療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の対人関係療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の認知療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の運動療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の心理療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の病院は?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病には鍼灸が効く?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。