うつ病の心理療法とは?

うつ病の治療は、薬物療法、心理療法、休養を基本に行われます。
これらの中でも心理療法の占める割合は重要で、精神療法とも呼ばれます。
心理療法は、カウンセラー、セラピスト、治療者などと呼ばれる人が、患者の心に「言葉」を使って直接働きかけ、患者の苦痛を取り除いていきます。
うつ病の心理療法には、病気の原因やカウンセラーによりさまざまな方法がありますが、主として行われている方法が、「認知療法」「行動療法」「精神分析療法」です。
認知療法は、もっとも多く行われており、アメリカの精神科医ベックによって1970年代に体系化されました。
うつ病の人は、悲観的思考に陥りやすい人が多く、この偏ったものの見方や考え方を修正し、症状の改善を図るという治療法です。
行動療法も、うつ病ではよく行われている治療法でしょう。
これは、それまでの人生の中で身についた行動パターンを見出し、その行動パターンに対し、より生きやすくなる行動を新たに習得していく方法です。
精神分析療法は、フロイトの精神力動論をベースにして行われている療法をいいます。
深層心理的な欲求や感情が表層心理にもたらしている不安、恐怖、抑うつ気分などを探って、その原因をみつけようとするものです。
それまでの意識に変化を起こし、葛藤の軽減を図り、本来の自己を発揮できるようにします。
ただし、精神分析療法は、うつ病患者の深層心理に触れるため、副作用のリスクもあります。
そのため、カウンセラーには十分な専門的知識と技術が求められます。

関連ページ

うつ病の治療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の行動療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の対人関係療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の認知療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の運動療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の病院は?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病には鍼灸が効く?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。