うつ病の病院は?

「こころの風邪」などとも言われているうつ病ですが、甘く考えてはいけません。
うつ病は風邪のように、放っておいてすぐに治る病気ではなく怪我や他の病気と同じように治療が必要なのです。
この病気は、進行がすすむと治療にも時間がかかってしまいます。
早めに病院に行くことが大切です。

 

うつ病の専門は精神科です。
ただ、軽度のうつは心療内科でも大丈夫です。

 

おすすめなのは、家の近くにある病院。
その中でも、診療所やクリニックなどがよいでしょう。

 

なぜか・・・
まず、うつ病の症状として外出自体が嫌になりがちです。
遠くまで通うことになると、余計に通院が嫌になる可能性があります。
また、大病院の場合、研修医が見学に来たり、曜日によって医師がかわったりすることがあるからです。
その点、診療所やクリニックのようなところは、きめ細やかな対応をしてくれるところが多いです。

 

それから、知名度が高いからと言って、自分に合った医師だとは限りません。
また、知名度が高いために患者数も多く、予約していても待ち時間が長くかかることも予想されます。

 

でしたら、まずは家の近くの病院に行ってみるのがベストではないでしょうか。
タウンページなどを使えば、簡単に検索できると思います。
または、市役所の相談窓口でも紹介してくれるはずです。

 

一度通ってみて、病院をかえることももちろんできます。
まずは、一度早めに診察を受けることをおすすめします。

関連ページ

うつ病の治療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の行動療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の対人関係療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の認知療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の運動療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の心理療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病には鍼灸が効く?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。