うつ病の運動療法とは?

うつ病の運動療法に関して、アメリカンデューク大学で行ったうつ治療の研究では、薬物療法より改善効果が期待でき、再発率も極端に少ないという結果が出ているようです。
また、近年の研究で、うつ病患者の脳および血液中には、神経細胞の成長を促進し、情動を制御するタンパク質BDNF(脳由来神経栄養因子)が減っていること、BDNFは運動により増加することがわかってきました。
うつ病の運動療法として取り入れられているのが、水泳やランニング、ウォーキング、エアロビクス、サイクリング、ストレッチなどといった有酸素運動です。
有酸素運動は、セロトニンなどの脳内分泌物の分泌を促進させる効果があり、これが精神によい影響を与えることもわかっています。
運動療法は、自殺を考えているような重症の人には向きませんが、うつの症状が軽症から中等症の人や回復期の人、自分の好きなことをしているときだけ元気になる新型うつの人には効果があるようです。
有酸素運動はどれでなければならないということはなく、基本的には自分の好きな運動を行います。
運動の仕方は、患者の症状などにより異なるので、医師の指導を受けることをオススメします。
とはいうものの、日本では、うつ病に対し運動療法の指導ができる医師やカウンセラーがまだまだ少ないのが現状。
健康保険も適用にならないなど、運動療法が広まりにくい状況にあります。
今後、うつ病の人のためにも医療制度が変わっていくことを期待したいですね。

関連ページ

うつ病の治療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の行動療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の対人関係療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の認知療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の心理療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の病院は?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病には鍼灸が効く?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。