うつ病解消の対人関係療法って?

うつ病克服の療法の一つに、対人関係療法というものがあります。
認知療法や行動療法と違い、聞き慣れない言葉だと思いますが、これは一体どういうものなのでしょうか?
対人関係療法というのは、現在の対人関係にスポットを当てた短期行動療法のことです。
しかし、対人関係なら誰でもというわけではありません。
親や配偶者、恋人などの「重要な他者」との現在の関係についてカウンセリングを行うものです。
例えば、ある人間関係でうつになった場合でも、その当事者である相手に焦点を置くわけではありません。
その後の家族との対人関係について、問題点を挙げて、改善を図っていくものです。
うつ病を患ったことによる家族との関係の悪化を防止する療法であるというのが正しいかもしれません。
うつ病を患うと、家族との関係にも変化が起きます。
うつ病患者を支える家族には、かなりの負担がかかってくるものです。
それによって、今まで上手くいっていた関係が悪くなってしまうこともあります。
うつ病にかかってしまったせいで、家族との関係が悪化してしまえば、うつ病がさらに重症化してしまうかもしれません。
対人関係療法は、こういった対人関係の改善を図るというのが目的です。
この療法はある程度マニュアル化しており、きちんと定義付けされているので、有効性も検証されています。
今はうつ病だけでなく、手を加えて摂食障害やPTSD(外傷後ストレス障害)などにも効果を発揮しているようです。

関連ページ

うつ病の治療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の行動療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の認知療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の運動療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の心理療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の病院は?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病には鍼灸が効く?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。