うつ病解消の認知療法とは?

うつ病を解消するために試してもらいたい療法の一つに、認知療法があります。
うつ病解消のための認知療法については、本なども出ていますが、うつ病を患っている本人が、本を読んで実践していくのは難しいと思います。
認知療法に取り組んでいる病院やクリニックを受診してみるといいでしょう。
それでは、認知療法とは一体どういうことをするのでしょうか?
まずは、うつ病になりやすい性格や考え方を変えていく必要があります。
抑うつ的な感情や考え方、行動について、その歪みを修正していくことになります。
修正していくことで、マイナス的な思考の改善がみられ、それによってうつの症状が軽快することがあるのです。
人は誰でも自分の考え方に捉われてしまいがちになります。
「私はあの人から嫌われている」「私は必要とされていない」などと、思い込んでしまうこともあるでしょう。
でも、それは自分がそう考えているだけで、実際には全く違うことも多いはずです。
認知療法では、なぜそう思ったのかを検証し、そういう考え方を修正していきます。
ストレスを上手に解消する方法や嫌なことがあった時の気持ちの切り替え方なども学ぶことができるでしょう。
人の性格や考え癖は、持って生まれたもので一生治らないと思っている人も多いですが、そんなことはありません。
本人が変えたいと思えば、いくらでも変えることができるのです。
認知療法は、薬物療法と併用して行うこともあります。
うつ病は放置すると悪化していく危険性が高いので、早めに治療を受けてくださいね。

関連ページ

うつ病の治療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の行動療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病解消の対人関係療法って?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の運動療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の心理療法とは?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病の病院は?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。
うつ病には鍼灸が効く?
うつ病は若者でも多くの人がかかる問題視されている病気の一つです。心の病ともいわれ、一度発症してから回復するまでに、人によっては何年もかかってしまうこともあります。自分では気付かないように思い込んでしまう人もいるので、早目の発見が必要です。